index

もくじへ




about

about




daily

日々のこと




works

作ったもの




shop

形あるもの




憲法への鎮魂

憲法の本は一杯出てるけど 森さんが書いてる本があるなんて 
知らなかった! ので 気になってた! ことを
ふと 思い出して 購入した 
「日本国憲法」 森達也

届いて 開いて 
わ!何っこの本、かっこいいっ!
と 思って 納得
ブックデザイン 祖父江さん+コズフィッシュ だった。
まだ ちゃんと読んでないのに、
全部買占めたくなった。
そして みんなに 配りたくなった。
(だけです、、、。実行してません。。。)
日本国憲法×森達也×祖父江慎×××
かっこ良すぎるっ
と 一人興奮してしまった。

私は 森さんの 
「僕」という一人称で語られる言葉が
何故か好きだ。
(勝手に森さん なんて 呼んでるけど
友人と一回だけ トークショーに行って
あの死んだような目と悲観的なしゃべり方に
勝手に親近感を抱いているだけ、、、。)
そして、その森さんが 「でも僕はこの前文が好きだ」って書いてある
前文が私も好きだ。
「ーーーーー、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し―――
―――われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。ーーー」


あとがきのタイトルは「相当に気が早い現行憲法への鎮魂。」
僕は記したい。こんな憲法があった時代に、自分が生きていたことを。
と締めくくられている。
2007年1月発行。

それから8年後、、、
森さん、森さん、、、私は何だか泣きそうです。



日本国憲法

ぬけます、おります、なまけます

 「ゆるゆるスローなべてるの家」 (大月書店) 
向谷地生良、辻信一 著


北海道浦河にある精神障がい者たちのコミュニティ
「べてるの家」

病気なのに心は健康になる、
貧乏なのに豊かになってくる、
過疎地なのに商売が繁栄する、
病気のおかげで昆布が売れる、
病気のおかげで友だちができる、
絶望するほど「いい落ち方してきたね」と誉められる、
病気になってホッとする


いつも思うのは
やっぱり 

自分が
正常だと思っていること
正しいと思っていること
こうしなきゃいけないと思っていること

から 
抜け出す というのか
一度 出てから 考えてみる ってのが
だ い じ だなぁ
ってこと。

その手始めに
べてるの家のこと
ちょっと 知ってみると
かなり 刺激的です。


ジョン

ほんとのせかい うそのせかい

 「職業欄はエスパー」 (角川 文庫)
             森達也 著


なんだろう
これを 読んだら
少し 自分をとりまく すべてのことに
対する 目線が 違って来る 気がする

そして ふっと 泣きそうになる 瞬間が
何度かあった
別に 泣かせるようなことは
全然書いてない ただの ワンシーンで

それは 
今まで 自分が 当り前だと思って
とっぷり つかって 麻痺してたこと
だけど 何だか 不安を抱えて 
その中に いた こと
よく分からないけど

ほんと と うそ
現実と 想像 空想 妄想

そのどれもが すべて存在してる ってことを
実感出来た から かな


 くものす


『アウトドア般若心経』 by みうらじゅん 

 

祖母が 亡くなってから
生きてること と 死んでからの こと
この世 と あの世 とか
いろいろ 考えてて
そして ずっと お葬式で 聞いてた 
般若心経 
の存在 に すごく 興味を 持ってた とき。
どちらの 祖父や祖母も
そういえば 色々なことを 忘れても
最後まで 
般若心経は 諳んじてたし
毎朝 唱えてたり してた なぁ と。


偶然出会った なんと
アウトドア 般若心経」。

なんと言うか
すうっと 私の中に入って来て
ああ もう 大丈夫 
と言うのか、、、
これから 何かあっても
これさえあれば 乗り切れる と言うのか、、、

そして それは この本で言うところの
なんにも ない なのかも しれず、、、。

般若心経 の現代詩訳 
「生きて死ぬ智恵」 って本を 昔読んだ時
目を閉じたら まっくらで 何もない 
その世界が 空 ですよ
みたいな ことを 書いてあるのだけど
やっぱり、 私の周りには
色んなものが あって
自分とそれを取り巻く世界を 空とは
結びつけられなく
不可解だった

この みうらじゅん なりの
般若心経訳は こう始まる。

「ものすごく カッコイイ人は
カッコイイも カッコワルイも
考えてないから カッコイイ。」

「目に見えるものなんて今、
たまたまそう見えているだけで
結びつきが変ると
ゴロっと違って見えてしまうんだ」

「問題なのは そう 見えたり
そう 感じたりすることを 疑うこと」
「そう とは 頭が勝手に考え出した
幻想だってことに 気づくことなんだ」

そして、 よくわからないけど

やさしい

ってことを 
ひし と 感じる 本
平和観音
偶然出くわした でっかい平和観音


| 1/1PAGES |